So-net無料ブログ作成
検索選択

インカレ決勝は明治大学が優勝! [大学サッカー]

 1月6日に行われた全日本大学サッカー選手権(インカレ)の決勝戦は、明大が優勝でした(51年ぶりだそうです)。インカレ決勝の観戦は3年ぶりで2回目です。運営にかかわるのも大学生。高校サッカーに比べて地味ですが、手作り感溢れる運営が好きです。
 決勝に先立ち、先月の26日平塚競技場で行われた準決勝も観戦してきました。福岡大対駒澤大(2-1)と明治大対関西大(2-0)の2試合です。駒澤大と関西大がそれぞれその場で三位の表彰式が行われました。噂の福大の永井くんをこの時目撃。決勝に進んでも、イエメン戦を優先してしまいましたね。まだ三年生ですが、長友くんみたいに大学在籍中にプロ入りはしないのかな?

20100115_4.jpg
応援席はバックスタンド側なので、ゴール裏は閉めてあり、メインスタンドは招待者と偉い人たちがちらほら。

20100115_5.jpg
 累積や、怪我で主力DFを欠く布陣でしたが、2トップが好調で、頼りになる山田大記くんが戻って来ているので、優勝に期待がかかります。明大は天皇杯で話題をもたらしたものの、リーグではハラハラドキドキの3位で、準決勝を除いてはここまでPK戦で勝ち上がった印象があり、総理大臣杯や九州リーグ王者の福岡大にやや勝利の予想が傾いているような気がしました。

20100115_6.jpg
 前半も得点の後にすぐに追いつかれ、後半は1-1から始まりました。天皇杯決勝で表彰された山本くんがその勢いのまま先制点。2点目も山本くんのシュートのこぼれ球を同じくFWの久保くんがすかさずゴールして、これが決勝点。福岡大に押され気味の展開もリーグ戦の失点数を忘れるくらい守りに守って、最後は明治に追加点のチャンスもあったのですが、固く守りきりました。

20100115_7.jpg
 今年は三年生の活躍が目立ちましたが、4年生都丸くんのスタミナの切れない走りっぷりも印象的でした。サイドを走る姿は、2年前の長友佑都を思い出すほど。そして試合に出られなかった4年生の選手達のユニフォームが、ベンチから優勝の瞬間を見守っていました。決勝戦にはFC東京U18の選手は宮阪くんしか出場していませんでしたが、来年のリーグ戦かなり期待できるのではないでしょうか。大学サッカーも面白いです。
 せっかくの決勝戦ですから、平日でなかったらもう少し大くの観客が見ることができたでしょう。お相手が九州のチームだったので、明治側の応援がやはり多勢でした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

natsuko

観戦お疲れ様でした。

私も見に行ってきました。

前半は陽が当って暖かかったのに、太陽が雲に隠れてからは寒かったですね。
やっぱり秋春制は反対です。

明治は、チームが一つになって戦っていると言う印象を受けました。
優勝の瞬間というのは、いつ見てもいいものですね。
by natsuko (2010-01-17 15:39) 

みなみ

natsukoさん、こんにちは!
Jリーグ以外のサッカーも、観戦するのはとても楽しいですし、優勝が決まる決勝戦はドキドキしました。ことしもさわやかに明大を中心として、大学サッカーをちら見できたらと思っています。

秋春にしたら1月2月のリーグ戦はちょっと厳しいと思いますね。偉い人は試合の時間だけスタジアムにいればいいですけど、サポーターは待ち時間も含めて何時間も寒風にさられれますからたまったものではありません。まだまだこの話は蒸し返されているので、困ったもんです。
by みなみ (2010-01-18 09:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。