So-net無料ブログ作成
検索選択
バイエルン・ミュンヘン ブログトップ
前の10件 | -

バイエルン・ミュンヘン、5月に慈善試合で来日! [バイエルン・ミュンヘン]

 11日の大地震以来、あまりの災害の大きさと、連日続く余震に怯える毎日で、あれほど楽しみにしていたサッカーが遠い存在になってしまったようで寂しかったです。被災地の皆さんのことを考えると、涙が止まらないですし、まだなお続く原発の問題が一時も頭を離れません。
 一刻も早く皆さんに笑顔を取り戻していただきたいですし、また元気な日本を世界に見せるために頑張りましょう!まず私に出来る毎日のことは節電ですね。
 被害が少なかった首都圏ですが、それでも不便なことが一杯です。でも今年一年は我慢の年!報道などでイライラすることもありますが、風評やデマに惑わされることなく頑張りましょう!

 Jリーグは23日・24日の第7節から再開とのこと。会場や試合時間などはこれから調整するのでしょう。そして27日には味スタでFC東京と横河武蔵野FCとの練習試合が行われる予定で、そこで義援金も募るとのこと。先日の新宿での募金活動を知らなかったので、今度は出かけてみたいです。
 そしてさらにビッグなニュースは、バイエルン・ミュンヘンが5月に来日して慈善試合を行う予定があるということ。普通にリーグ戦が開催されているとなると日程が気になりますが、夜間に関西などで行うとかいうことになるのでしょうか。旅費も滞在費もあちら持ちということですので、さすがビッグクラブだけあります。バイエルンの選手たちとユルネバを歌ってみたいです!
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バイエルン、インテルにアウェイで勝利 [バイエルン・ミュンヘン]

 去年は去年、今年は今年のチームと思って戦えばいいんじゃないかと、無理矢理考えていましたが、やはり昨年の決勝戦の悔しさはちょっと後を引いています。なので素直にファーストレグでの勝利は嬉しかったです。勝利の立て役者のゴメスとクラフトも出場が危ぶまれていたからなおさらです。ロベンのシュートは勝利への執念も感じられました。最後まで諦めないというお手本のような試合でした。ああ、ロベンがシーズン初めから出られていたらな…
 休む間もなく、次はホームでリーグのBVB戦が待っています。ポイントは開いていますが、どうかバイエルンの選手たちには意地を見せて欲しいです。
 ファンボンメルがACミランに移籍をしてしまったので、キャプテンはフィリップラームが務めています。W杯のドイツ代表のキャプテン姿の方が先になってしまいました。若い若いと思っていたラームも近頃は貫禄を見せてますね、頼もしいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブンデスリーガ23節、バイエルンは勝ったけど… [バイエルン・ミュンヘン]

 19日にマインツ04に勝利して暫定的に2位になるも、20日に行われたレヴァークーゼン対VfBシュツットガルトの試合でレヴァークーゼンが勝ったので、またもやバイエルンは3位に逆戻り。優勝は限りなく難しいですが、せめて2位に勝ち上がって欲しいと思っています。「ブンデスデビュー」ということで岡ちゃんも注目されていましたし、昨日ばかりはシュツットガルトを応援していたのですが、最終的に2点の差をつけられてしまいました。マガト監督時代はVfBは優勝経験もありますし、選手を見ても降格するチームではないと思うのですが、マジやばい状態になってきましたね。なんだか昨年どっかで聞いたようなセリフ??今節シャルケ04に勝利したメンヘングラードバッハと同じ19ポイントのまま。下から2番目になっていますが、得失点差だけの順位です。
 楽しみなバイエルンの試合はGAORAの放送はこれからですので、シュヴァインシュタイガーの先制点ヘディングを楽しみにしています。さて、いよいよバイエルンとインテルのCLが近づいて来ました。昨年CLをスポーツバーで観戦していた時は、まさか佑都くんがインテルにいるなんて夢にも思わなかったので、嬉しいような困ったような試合を迎えることになりました…。いろんなことが起きるので、サッカー好きはやめられません!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バイエルン、ホッフェンハイムに4-0で勝利 [バイエルン・ミュンヘン]

 自分のサッカー史が始まって以来、ずっとバイエルンを応援しているのですが、毎試合ライブで観戦することができず、あれこれ思う頃には次の試合になっているというスケジュールで、最近エントリーするチャンスは少ないのですが、いつも気になる存在です。ファン・ハール監督がどうも好みでないというのが、あまり文章にして残さない理由の一つではあるのですが。
 今シーズンは香川選手のドルトムント移籍もあり、その他ブンデスに移った日本人選手も多数いるため、ドイツサッカーのチーム名を覚えてくださる方が増えたのは喜ばしいことです。しかもあの宇佐美くんもバイエルンが興味を持っているとか…。出番があればぜひ行ってもらいたいですが、昨今の日本人選手の活躍ぶりを考えると、ただの「修行」だけで終わってしまっては意味がないと思います。ゴメスとかミュラーとか凄すぎますから。
 最近の残念な出来事と言えば、ファン・ボンメルのミランへの移籍。彼の移籍の理由を考えるとそんなこともファン・ハールってどうなの?という気持ちに繋がってしまいます。ウクライナ代表のティモシュチュクの活躍はとても嬉しいです。キャプテンも務めたゼニトから移籍してきたばかりのころは、あまりに不憫で心配でしたから。ただ、この名前のカタカナ表記がなんとかならないかな、、、、、。この通り読んだらウクライナ人には通じないでしょう。
 今節はレバークーゼンも勝利してしまったので、ポイントの差は3ですが、ドルトムントに離されているとは言え、せめて2位で終了してくれればと願っています。

 シュツットガルトに向かった岡ちゃんは、今度こそ出場するものと思っていましたが、移籍証明書がどうのこうので、未だにベンチ入りせず。早く出場してチームを何とかしないとチームがツバイテに行っちゃうかもしれませんよ。詳細が不明なので何とも判断できませんが、ただ、シュツットガルトが移籍金を払いたくないとうのが本音だとしたら、優秀な若手をかかえるJリーグのためにならないですから、早くこのような問題を解決してもらいたいです。
 記事にする記者の表現力にもよりますが、いろいろなメディアを拾い読みする時に感じることです。選手の「海外でプレーしたい」という気持ちを尊重するのは良いですが、そのためにチームに不利な条件を出したり、契約をかわすのは日本のサッカーのためにならないんじゃないでしょうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

親善試合はオランダ代表が3-0で勝利 [バイエルン・ミュンヘン]

 リーグ戦がお休みなので、必然的に国際親善試合を見ることになるのですが、テレビの画面にオレンジ色のユニフォームを着た、バイエルン・ミュンヘンに新加入したばかりのロッベンの姿を発見。そう言えば彼はオランダ人でした!レアルから移籍したばかりで、第4節にいきなりヴォルフスブルク相手に2得点という活躍(長谷部は不出場)。バイエルンファンの心をアッという間に引きつけてしまった選手。1984年生まれで実は見た目よりだいぶ年齢は若いのですが、かなり大人顔の選手です。

 前のスポニチの記事でロッベンが『来月5日にはオランダ代表として日本と対戦するが「(日本戦でも)いいプレーをしたい。ただ、日本がいいプレーをすれば(日本は)負けないと思う」と話した。』 とあったのですが、いいプレーは、少なくとも後半は出来ていなかったようですね。オランダで活躍している本田にゴールがなかったのも残念。ただ団体競技ですから、連携も大事と思いますので、イエローもらわない程度にキッカーの打ち合わせをお願いしますよ・・・

 バイエルンファンとしては代表戦でもロッベンの活躍を喜ぶべきなんでしょうけど、また加入したばかりでなんだかまだよその子みたいな気持ちです。今野くんの出場はガーナ戦になるのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Jリーグオフの時に [バイエルン・ミュンヘン]

 Jリーグの試合の無いときは、バイエルンやブンデスの話でも書きましょうと、12月には思っていたのですが、リアルタイムで試合を見る体力と気力がだんだん失せてしまって(契約はしてるのですが)、だらだらほったらかしにしてしまいました。
 ちょっと前の話題なんですけど私をサッカーに導いた偉大な恩人、オリバー・カーンの引退試合が昨年の9月2日にアリアンツアレーナで開催されました。GAORAで年末に放送があったので、録画してお正月にやっと見ることができました。本当はミュンヘンまで行きたい気持ちはあったのですが、どうもそのあたりに都合がつかずチケットも手には入らないだろうと早々と諦めていました。
 だいぶ時間差が出来てしまいましたが、放送されたのはとても嬉しかったです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブンデスリーガ最終節、バイエルンは勝利でオリバー・カーンの引退を飾る [バイエルン・ミュンヘン]

 Jスポの放送がなくなってから、どうしてもバイエルン・ミュンヘンの話題が少なくなってしまうのですが、フジ739で日本人在籍のチームの放送をやってくれるようになってから、ぼつぼつブンデスの選手の姿も見られるようになりました。勝つか引き分けでバイエルン・ミュンヘンの優勝が決まるというゲームが、5月4日アウェイのヴォルフスブルク戦だったので、幸運にもテレビで優勝の瞬間を見ることが出来ました。長谷部くんありがとう!びっくりしたのはアウェイのスタジアムなのに、長時間に渡ってビール掛けなど延々とバイエルンのメンバーがスタジアムではしゃぎまくっていて、それがテレビで映し出されていたことです。ちゃんとオフィシャルビールスポンサーのパウラナーがビールを用意していたのですね。いいのかそんなことして!サポーターの監禁とかなかったのかどうか心配しちゃいます。

 そして本当の優勝セレモニーは、昨夜ホームでの最終節の試合後に行われました。この日は監督のヒッツフェルトさんが最後の采配、そしてマルクス・メルク審判の最後の笛、2002年ワールドカップですっかり日本におなじみとなったゴールキーパーのオリバー・カーンさんの最後のゴールマウスという記念の日でもありました。対戦相手は首都のチームヘルタベルリンです。降格するでもなくCLやUEFAカップ圏内にも関係ないので、なんだかバイエルンのお祭りムードにつき合ってくれたのかという雰囲気で、バイエルンが4-1と圧勝しました。カーンさんの最後の試合ですので、無失点で終わりにしたかったのですが、残念ながら1失点。それでもボールがゴールに飛んでこないよりは良かったと思います。
 あと2~3分で試合終了という時、3人目の選手交代はカーンさんと第二キーパーのレンジングくん。去る選手だけに注目できるよう、現役引退の選手は試合終了を待たずこのように途中交代で終わらせることが多いそうです。観客・ピッチ内の敵・味方の選手に送り出される様子には本当に感動する瞬間でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

UEFAカップ [バイエルン・ミュンヘン]

 2007/2008シーズンは、UEFAカップを戦っているバイエルン・ミュンヘン。4月24日の準決勝ホームでの試合、ゼニト・サンクトペテルブルグは、残念ながら満員のアリアンツアレーナで、オウンゴールによる1-1のドローでした。ホーム&アウェイ方式なので、第二回戦は5月1日にロシア・サンクトペテルブルグで行われます。すでにドイツ杯優勝を決めているバイエルンですが、ホームで勝てなかったのは不安を残します。次に2点以上取って勝てばいいじゃん、と言ってもなかなか難しいんですよね。

 バイエルンのサイトで、ちらっとウクライナ代表のティモシシュクくんがちらっと写真に出てました。シャフタールからゼニトに移籍してしまったんです。どっちのチームにいたからって、日本で試合が見られるわけではないですが、シャフタールの時はCLで何度かTVでお目にかかりました。シャフタールのエンブレムが変わったようです。前よりはあか抜けた感じがしますが、前の方がインパクトあって良かったと思います。ヨーロッパ風を意識した?前のデザインは愛媛FCにプレゼントしても良いかも。シャフタールのあるドネツクはウクライナと言ってもロシア語住民の多い場所。確かチーム名もロシア語のシャフチョールと書かれていたような気がしますが、新エンブレムはウクライナ語になってました。次の次のヨーロッパ選手権(ポーランドと共催)を意識してのことでしょうか。ウクライナ語しゃべれないとウクライナの大統領になれないそうですから。
  あれ?何の話を書いているのか、わけわからなくなって来ました。Jリーグフレンドが周りにそれほどいないのに、ウクライナの話となるともっと少ない・・・・・・。さらっと流してください。

 バイエルンを応援してると言っても、今シーズンはテレビ放送もわずかですし、CLに出てないのでなかなか生でも録画でも試合を見ることができません。ブログ記事でも扱いにくいなぁ。引退を表明しているカーンさんの最後の年なのに残念です。小野くん、長谷部くん、稲本くんのおかげでちょこっとフジ739でブンデスリーガの放送はありますけどね。

 数少ないJサポ仲間のMKちゃん(川崎サポ&ドイツサッカーもわかってくれる人)は、昨夜関塚監督のことで一晩泣いてしまい、目が腫れぼったくなったとか。今までの功績を考えると、病気でやむを得ず辞任とはつらいことでしょう。激務とストレスが原因だとしたら、本当にお気の毒。明日はいろいろ話題の柏との試合だそうです。頑張れフロンターレ!もちろん多摩川ダービー以外でね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フジ739でバイエルン対ブレーメン [バイエルン・ミュンヘン]

 Jスポーツでブンデスリーガの放送がなくなり、フジ739ではタカハラ・イナモトが出場しようがしまいがフランクフルト戦のみの放送だと思っていました。ところが、19節での頂上対決はラッキーなことに放送がありました。時間の関係で録画観戦でしたが、ここでブレーメンには嬉しい、バイエルンにはホームで残念な1-1のドロー。それでも久しぶりに動くカーンさんやシュヴァインシュタイガーを見たのは嬉しかったです。何よりヘンケコーチが元気そうでした。来期からはクリンスマンさんがバイエルンの監督をするそうなので、また何かと注目を集めそうです。ディエゴの先制で1点ビハインドのバイエルンでしたが、同点のチャンスはPKから。しかし牧場くんことティム・ヴィーゼがゴール前でシュートをはじき飛ばしました。自分の落とし前は自分でつけたって感じですが。この日は牧場くんとてもあたっていて、なぜ彼が代表に呼ばれないのか不思議なくらいです。
 追いついたのはぜ・ロベルトの巧みなゴールから。一度バイエルンを離れた彼ですが、さすがのプレーでした。でもまた移籍しそうな噂ですので、いっそこういう人が東京に来てくれないかと本気で思ってしまいます。
 後半にシュヴァ坊と交代した期待の若手クロースは、さすがのプレーで、A代表に選出されるのもそんなに遠い将来ではないでしょう。ブレーメン戦でも臆することなく堂々としてました。後半はバイエルンがゲームを支配していたのにもかかわらず、得点を決めきれず痛恨のドロー。バイエルンのことを書くのは久しぶりなので、ブンデスリーガの選手名を思い出すたびなんだか懐かしくて!いえ、まだまだドイツサッカーは応援しますよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ひさびさにバイエルンの話題でも・・・ [バイエルン・ミュンヘン]

 いよいよ8月からブンデスリーガの開幕。06/07シーズンのバイエルンは、思ったような結果を出せず、チャンピオンズリーグの出場権も逃して、さんざんな結果でした。ドイツの息子(もちろん妄想)のシュヴァインシュタイガーが不調で試合に出てこなくなってからは、ますますバイエルン関係の更新をする気になれず放置状態でしが。07/08シーズンは大幅にメンバーも入れ替わり、そしてカーンさんのバイエルン最後の年になるかもしれませんので、スカパー!の放送が行われるかどうか不安ではありますが、また新たな活躍を期待することにします。
 Jリーグでももそうですが、選手やチームの事情でしかたがないとはいえ、今まで応援していたお気に入りの選手が去るのはさみしいことです。ヨーロッパでは違う国のリーグに移籍する選手が多いですから、情報を追っかけて応援するのはなかなか大変です。今日は去る選手について。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - バイエルン・ミュンヘン ブログトップ
メッセージを送る